脱原発・脱被ばくの願いを7月7日七夕の日に首相(官邸)に届けよう!!


by 100mothers
致内阁总理大臣 安倍晋三

总理为了日本国民日夜奔忙,我们表示深深的感谢.
我们是[100万位母亲]七夕日活动的代表,亀山野野子、佐野美斗、原島佳子、中村隆市.
这个活动是指许多希望远离核电站的人们在七夕之日将自己的愿望递交给总理的活动.去年,鹿儿岛的南方新社出版了题为[100位母亲]的希望远离核电站的母亲的特集,该特集是此次活动的起点.
今年4月,继承了英国环境思想家的E.F.Schumacher,和甘迪的思想的Satish Kumar来日时,看了[100位母亲]后深有感触.于是建议我们将此照片特集当面递交给总理.
[100万位母亲]象征着母性.这个活天下动不仅是母亲,其代表了所有尊重母性的人们的意愿.为了天下关爱孩子们的母亲,为了天下离不开母亲的孩子们,也为了天下所有的生命,请早日给我们指明通向未来的道路.在此特呈上[100位母亲]的照片特集,请阅读.
福岛核电站事故后,大多数的国民都希望远离核电站,但核电站的去留却一直没有明确的方向.且,在福岛县等放射性高度污染的地区,依然有很多孩子还生活在那里,这是我们感到深深的不安和恐惧.使用后的核燃料的处理问题还没有解决,却听说又要重新开始启动核电站,实在是对未来不负责任的行动.请倾听一下我们作为母亲的心愿.
7月7日,全国有着共同心愿的人们将去首相官邸情愿.请在百忙之中,务必抽出时间和我们见次面.
我们期待着一个没有核电站的世界.核电站只会给其周边的人们带来不安和危险,核电站只会给那里的职工带来被辐射的危险.最可悲的是,如果没有某个人的牺牲,核电站就没法工作.任何一个人都是来自于母亲的生命,建立在个人牺牲的基础上的核电站,我们不需要.
我们期待的不是建立在他人的危险和牺牲的基础上的富裕生活,而是能够和所有人共享的美好生活.然,现在,在经济增长的名义下,政府似乎又要犯同样的错误.将放射性废弃物以及不能安心生活的社会强加给未来的孩子们,这绝对不是有责任心的行为.
核电站一旦有了事故,漏出来的放射性元素将污染土地,食物,空气,且很久都不能修复.这样的悲剧我们在自己的土地上已经得到了证明.福岛的核电站事故造成了16万人无家可归,即使现在还有在放射性物质的威胁中生活着保护着自己孩子的父母.有的孩子在问[自己还可以活多少岁?].东电的赔偿事项毫无进展,而核电站事故的受害人的精神和经济方面都变得日益痛苦.这样的悲剧不应该再次重复.
不知道为什么政府宣布事故应经结束.但,事实是福岛第一核电站目前每小时的放射度是1000万贝克勒尔.东京电力的放射性污染的排水每天都流入海中制造着海洋的污染.在这样的紧迫时刻,应该是使核电站事故的危害减到最小并对受害者作出积极的赔偿,而决不是重新启动核电站.况且作为人为灾害的此次事故的原因和问责都还没有一个令人信服的结论.
我们希望保护自己的孩子.事故以前作为[放射性管理区域]而被禁止入内的地区现在却还住着孩子们,这让我们非常心痛和不安. 属于切尔诺贝利的撤离标准地区里,日本却作为可以居住的地区.
在福岛县,本应该是100万人中1例的小儿甲状腺癌的患者已经发现了10例.这是2011年的甲状腺检查的3万8千人中的10例.在福岛县的2011年和2012年的县民健康管理调查中,13万3千人的孩子中,确诊需要进一步精密检查的孩子有735人.
不光是甲状腺的异常,有数据显示心脏病和哮喘等的病情也在东北和关东等地区增加.经历的切尔诺贝利事故的医生们都说[等到数年后严重的健康问题暴露后就晚了,福岛的孩子们现在就应该撤离].
担心孩子们健康的人们组建了孩子的保护活动.但实际能够参加的家庭并不多.撤离搬迁的中介活动本就有困难,跟主要的是就是有心撤离和搬迁,但实际上由于各种原因不能赴之行动的家庭则更多.
福岛县郡山市的中小学生要求集体撤离的诉讼在4月被仙台高等法院驳回了.但,判决书中明确指出[每日接受低程度的辐射,对于将来的健康有造成威胁的可能性].
现在的当务之急是如何着手解决这些问题.国家应该采取保护孩子们的措施.比如,被污染的地区的孩子们以及家属可以在暑假或冬假的时候获得长期的保育制度.还有,去年6月在国会审议中全场一致通过的[核电站事故孩子以及受害人支援法]也应该早日得到实施.
我们希望以总理为首的政治家们一起来面对和解决这些问题.请务必出台让人们可以安心生活,以事故防御为中心的一系列措施和制度.孩子们是日本的将来.孩子们的安全问题是不容忽视的.
为了使日本成为一个更加美丽和有未来的国家,我们有团结奋斗的决心.我们希望能够将[100万母亲]的愿望面呈总理.
7月7日,全国各地的人们为了请愿会奔赴首相官邸,请务必抽出时间和我们见个面听一下我们的心声.

谢谢.

[100万的母亲]七夕活动代表
亀山野野子、佐野美斗、原島佳子、宇野朗子、中村隆市.
[PR]
# by 100mothers | 2013-07-06 05:34 | 首相への手紙(外国語)

交流会について

官邸前イベント終了後、日比谷公園にて交流会を行う予定です。

場所は日比谷公園大音楽堂(野音)の前の「かもめの広場」周辺です。

日比谷公園での交流会にも参加される方は、ぜひビニールシートなどの敷物もご用意ください。
お弁当、飲み物も各自で持ってきてくださいね。

よろしくお願いします。
[PR]
# by 100mothers | 2013-07-05 15:11 | 7月7日官邸前に集まろう!!

市居みかさんより

絵本作家、市居みかさんより
メッセージとイラストをいただきました。

d0322097_1564730.jpg

[PR]
# by 100mothers | 2013-07-05 15:07 | 寄せられたメッセージ
d0322097_6512069.jpg


〜官邸前を花でいっぱいにしよう!!〜

7日に参加される皆さん、
お庭に咲く花、想いの深い花、野にやさしく咲く花、どんな花でも構いません。
小さな花束を抱えて、官邸前に集まりましょう!

花はやがて実を結び、いのちをつなぐ象徴です。
心が刺々しくなっていても、花がそこにあるだけで、ホッと心が温かくなり和みますね。

私たちは脱原発・脱被ばくの願いを怒りとしてのみ表現するのではなく、花のように凛とした美しさで、いのちとその尊さをに、この願いを届けたいのです。

さあ、花束と笑顔と希望をもって、官邸前へ集まりましょう!!
(笹も持って来てね!)


<お願い>
・お持ちいただくお花はトークリレーなどを行う、イベント中心部へお持ちください。
・暑くなることが予想されますので、お花もしっかりと保水してくださいね。
・イベント終了後は、集まったお花の中からお好きな花をいただいて帰りましょう。
花を持って来てくれた他の誰かの思いを感じてみましょう。
[PR]
# by 100mothers | 2013-07-05 06:51 | 7月7日官邸前に集まろう!!

注意事項とお願い。

7日に参加される皆さんへ。

<注意事項とお願い> 少し長いですが、ご一読頂き、ご理解ご協力お願い致します。

非暴力原則であること

・抗議や批判的なアピールではなく、愛をもった建設的な表現につとめること。政治と市民の近づき合い、和解を目指したアピールにしたいと思います。

・この日は、組織や団体、組合などののぼり等を掲げることはご遠慮下さい。どうぞ個人としての参加をお願いします。(個人の思いのプラカードやフラッグは大歓迎です!)
※ 当日、最終的には主催者の判断でこうした掲示物などをお下げ頂く場合があります。ご理解ご了承の程お願い致します。

・暑くなる事が予想されます。水分や塩分の補給をして、熱中症を予防しましょう。
特に子ども連れの方はお子さんの体調管理にはしっかりと注意して下さいね。無理のない範囲でご参加ください。

・官邸前でのアクションを写真撮影しますので、統一感を出すため、服装は白もしくは淡い色のものを着て下さるようご協力お願いします。浴衣大歓迎です!!(写真に写ることに問題がある方は、申し訳ないですがご自身で抜けて頂くようお願い致します。)

・持参していただいた短冊類は当日スタッフが回収させていただきます。
 尚、短冊付きの笹をご用意いただいた方は、写真撮影終了後に短冊のみ回収させていただきます。

・フライヤー、チラシなどはイベント終了後より配布お願いいたします。

・その他、基本的に主催者の指示に従っていただきますよう、あらかじめご了承お願いいたします。

・当日のボランティアスタッフ(ピースキーパー)を募集しています。
 していただける方は下記にご連絡いただき、当日10時に首相官邸前にお集まりください。

 問い合わせ先:info@100mothers.jp
        090-5543-9149(藤井) 
[PR]
# by 100mothers | 2013-07-04 23:44 | 7月7日官邸前に集まろう!!