脱原発・脱被ばくの願いを7月7日七夕の日に首相(官邸)に届けよう!!


by 100mothers

カテゴリ:7月6日前夜祭について( 1 )

7月6日前夜祭について

『100万人の母たち 七夕プロジェクト』前夜祭

■場所:カフェスロー
■日 時:7月6日(土)18:00open18:30スタート(21:00終了予定)
■参加費:1200円/1ドリンク付
■内 容:
・トーク 武藤類子さん、亀山ののこさん、中村隆市さん、すぐろ奈緒さん 他
・全国から集まった人たちによる願いのシェア
・「100人の母たち」スライドショー&柚楽弥衣さんライブ
・「七夕宣言」発表
・水野みさをさん 祈りのフラ「イマジン」  演奏 松谷冬太さん

■予約申込み
※定員(100人)に達し次第締切とさせていただきます。

・カフェスローのメール申込みフォーム
※対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。

・電話…tel: 042-401-8505(火曜定休)
 下記項目をお知らせください。
 -参加希望日とイベント名
 -お名前(申込代表者)
 -申込人数
 -連絡先電話番号


■出演者プロフィール

亀山ののこ(かめやまののこ)

東京生まれ。18歳から写真を撮り始め、2000年よりフリーフォトグラファーとして活動を開始。ポートレイトを軸に、雑誌、広告、写真集などで活動。
2010年、双子を出産。2011年夏、福岡県へ移住。
3.11以後、脱原発のメッセージを込めた母と子のポートレイト撮影を始め、2012年秋、写真集「100人の母たち」を南方新社より上梓。
脱原発、選挙、憲法9条など、独自の写真表現を続ける。
他にフォトエッセイ集「The springtime of Life」(2007年ポイズンエディターズ)。

中村隆市(なかむらりゅういち)
福岡生まれ。ウインドファーム代表。20代から有機農業、環境運動に取り組み、87年フェアトレード事業を開始。有機農業とフェアトレードの普及でブラジル・マッシャード市から名誉市民章受章。90年からチェルノブイリ医療支援に関わる。『考える絵本 しあわせ』のモデル。東北あしたの森代表。スロービジネススクール校長。


すぐろ奈緒(すぐろなお)
栃木市生まれ。14歳で栃木市の水源地を守るため産廃処分場反対運動に関わる。イラク反戦運動や脱原発など様々な市民運動に参加。2004年参院選で「みどりの会議」から立候補した小林一朗氏を応援したことを機に緑の党結成をめざす活動開始。NGO「フォーラム平和・人権・環境」勤務。2007年杉並区議会議員当選(現在2期目)。2012年「緑の党」共同代表に就任。


柚楽弥衣 (ゆらやよい)

ライブ活動の傍ら、主にテレビコマーシャル、映画音楽などで活躍し、即興音楽を追究する。
2012年初春よりAwakening voice を主宰し、ワークショップやレッスンを通じ、
プロ歌手からサラリーマンまで様々な人を対象に、声を目覚めさせ、楽しく歌う、響くことを伝える。
2013年春、一夜にして声を失い、三回に渡る体力の限界を超える高熱を出す。
その最中見たビジョンにより、流れのままに、自分本来のエネルギーで生きることを受け入れる。
自在に声を響かせ、存在や場のあらゆる層に最適なエネルギーと振動を発生させる歌をヒーリングやワークとしてシェアしはじめる。

・水野みさを(みずのみさを)

東京出身。86年渡米後、写真家、ライター、詩人として活躍。フラカヒコ(古代フラ)に出会い、ハワイでクム・ペケロ・ディ(ケアリィ・レイシェルの師)に5年間師事。99年先住民会議オープンニングセレモニーでのパフォーマンス後、クムによりソロ活動の承認を得る。2001年より、サンフランシスコ、バークレイ、オークランドの大学、高校、主要スタジオでフラカヒコ(古代フラ)を教える。
天河神社や白山比咩神社での奉納ほか、明治神宮アースデイいのちの森、BE-IN、山水人、ワンアースなどに出演。「フラカヒコ(古代フラ)を学ぶことは、自然の中に潜むスピリットを感じながら生きること。そのような宇宙につながる感性を大切にすることなのです」。

松谷冬太 (まつやふゆた)

スローソウルシンガー。1988年、単身渡米。ニューヨークでの音楽活動を経て、帰国後、数々のCM音楽の制作に参加。
辻信一氏(文化人類学者、環境活動家)をはじめ、ナマケモノ倶楽部との活動を通して「こころの革命」を感じながら、この混沌の時代に自分には何ができるか、自分の音楽と仲間たちとの活動をつなげて、暮らしやすい社会へダイナミックな変革を起こすことができないかを模索しつつ、精力的に活動のフィールドを広げている。
[PR]
by 100mothers | 2013-06-25 14:32 | 7月6日前夜祭について