脱原発・脱被ばくの願いを7月7日七夕の日に首相(官邸)に届けよう!!


by 100mothers

カテゴリ:海外からのメッセージ( 8 )

100万人の母たちの・七夕プロジェクト、いよいよ当日が近づいてきました。韓国ではこれと連帯したムーブメントが盛り上がっています。その直前の様子をおなじみキム・ユイックさんが現地から報告してくれています。今日届いたものを転送します。その下に、キムさんが訳してくれたへジョンさんからのすばらしいメッセージがあります。和訳を勝手に直させてもらい、お送りします。
へジョンさんは著名な人類学者で、社会活動家、ソウルの「ハジャセンター」の創始者でもあり、ナマクラとは縁の深い友人です。3・11後は韓国の脱原発運動の先頭に立っています。

みなさん、このメッセージを広めてください。

辻信一

d0322097_11415446.jpg



拝啓

皆様、ご無沙汰しております。韓国のチョウハン・ヘジョンです。

最後にカフェースローを訪ねたのが2年前です。ちょうどその頃、辻さんのお招きで
サティシュ・クマール先生の滋賀県ツアーにも参加させて頂きました。最近はカフェースローとのご縁で、「べてるの家」の友人たちもソウルへ来てくださいました。



日本と韓国の市民たち、特に“よい歴史”を信じている市民たちはお互いに出会い、連帯し、協力していろいろなことを一緒にできると思うのですが、なかなか期待通りにはならなかったのが現実です。それは、近代化ないしは脱近代化の段階、経済的なパブルがはじけた今の時点にあって、被植民地の経験をもってる韓国と、逆に帝国主義戦争に自ら参加していた日本との立場の対照性、そういう歴史とつながっている近代国民国家を見る態度の差、根本的には
ルース ベネディクト
が言及した文化を受け入れる器の違いが、ふたつの国の市民たちの間の距離となり、お互いの行動と心を隔てていたのだと思います。



しかし、この度、日本の皆様が準備している“七夕、100万人のママたち”キャンペーンを見守りながら、日本と韓国の‘ポスト・モダ-ン市民’
たちが、今こそ、その溝を乗り越える時が来たという気がしました。この時代は我々人類が、文字通りの“地球村”にあって、同じ人類としての危機感を共有し、その解決策に取り組むべき時だからです。韓国の私たちも勇気を出して、日本のママたちを応援しながら、もっと積極的に脱原発とエネルギー転換へ向かって立ち上がります。

“”他人のことは構うな”と指示し続ける、いわゆる新自由主義の時代に対して、堂々と“NO”といえるママたちが国境を越えて手を繋ぐ時が来たのです。



日本のママたちが草案した宣言文に、次のような小さな補足を加えて、七夕の日、脱原発を願う人々が集う韓国のソウル広場で、朗読しようと考えています。今日、自分も一才になった孫と海を背景に写真を撮ってもらいました。お金と自分自身だけに愛着したらよさそうなものなのに、なぜか子どものことに夢中になってしまった人たちのことを、最近韓国では“・・・アホ”と呼びます。“娘アホ”、“

息子アホ”といった呼び方です。私自身の場合は“孫アホ”です。私のこのメッセージを日本語に翻訳してくれるキム・ユイックさんのように、独身で自分の子どもはいないけど、兄弟姉妹の子どもが大好きな“甥姪アホ”も山ほどいます。



国境を越えて、我々アホたちがつながって、愛と尊敬、友情と思いやりに満ちた、子どもたちが安心して暮らすことのできる世界を一緒に作りませんか?



近々お目にかかる日を楽しみにしています。



敬意をこめて、

済州島のガシリにて ヘジョン
[PR]
by 100mothers | 2013-07-06 11:44 | 海外からのメッセージ
d0322097_23381382.jpg


環境活動家/シンガー・ソングライターのアンニャ・ライトさんからのメッセージです。


(訳文)
100万人の母たちへ

今起きていることは原発との闘いをはるかに超えた、生き残りを賭けたいのちの叫びです。100万人の母たちはわたしたちの希望であり信念です。わたしたちは苦しみと悲劇でしか終わることが出来ない従来の考え方から自由になる準備が出来ています。

100人から100万人へ ~ 願わくば地球上の70億人が自然の支配よりも協調を、そして全ての生きとし生けるものを育み、慈しみ、守り、祝福するために子どもたちやその先の世代の声に耳を傾けることを選ぶ日が来ますように。

愛につき動かされたあなたたちの運動にみんな元気づけられています。あなたたちが示してくれた優しさ、謙虚さ、喜びに感謝します。

アンニャ・ライト


To the one million mothers,
Our hope and faith is in you and in your movement that understands that this is much more than a struggle against nuclear power - but a call for survival.
We are ready to move, to escape our old way of thinking that can only end in suffering and tragedy.

From one hundred to one million - may we soon become the seven billion who choose cooperation rather than control of nature, who listen to the call of our children and future generations to nurture, cherish, protect and celebrate all life.
Thank-you for the kindness, humility and joy you show in your movement, a movement motivated by love, inspiring all!
Anja Light
[PR]
by 100mothers | 2013-07-04 23:39 | 海外からのメッセージ
d0322097_12393997.jpg
セヴァン・スズキさんからメッセージが届きました!!!

今から21年前の1992年。12歳のセヴァンは、国連環境会議(リオ・サミット)において、6分ほどスピーチをしました。その演説は、後に「伝説のスピーチ」と言われるようになりました。
http://www.windfarm.co.jp/ecokaze/008/00803.html

セヴァンは今、2児の母として、原発のない世界を願っています。


◆ 100万人の母たちへ(仮訳)

私は原子力の脅威から子どもたちを守るために、100万人の母たちと結束して立ち上がります。親として、原子力を根絶する責任があります。

母親として、どんなことがあっても子どもたちのために戦います。
水俣病のことを忘れさせてはいけません。

福島の原発事故でわかったのは、いつもの「ビジネス」最優先の代償がこの結果です。

私たちは子どもたちの安全や未来の世代を脅かすような選択をしてはいけないのです。

月にも行ける、インターネットも使える、そんなグローバルな世界に住んでいます。私たちは必ず、子どもたちを危険な目に合わせずに暮らしていける方法を見つけることができるはずです。

私もひとりの母親であり、保護者です。

私はこの100万人の母たち 七夕プロジェクトに
みなさんと共に立ち上がります。

7月7日、世界中が注目することでしょう。

セヴァン カリス・スズキ


To One Million Mothers
I stand in solidarity with the mothers who are standing up for our children to demand that the threat of nuclear power is eliminated. As parents, we are entrusted with the sacred task of defending the future. As mothers, we will fight for our children at all cost. Let us not forget Minamata syndrome. In the wake of Fukushima, the cost of 'business as usual' stares
us in the face: we must not make choices that steal from our children's safety, or that increase risk for future generations. We have put humans on the moon, invented the internet, and live in a truly globalized world.
Surely we can find solutions and ways of living that do not put our babies at risk.
I am a mother, and a defender of my children. I stand with the One Million Mothers Tanabata Project. The world will be watching, July 7th.

Severn Cullis-Suzuki
[PR]
by 100mothers | 2013-07-04 12:42 | 海外からのメッセージ

韓国 ヘジョンさんより



韓国の学者 ヘジョンさんが韓国のハンギョレ新聞のコラムに七夕プロジェクトを紹介しました。韓国でも七夕の日、脱原発を願う家族がソウル市庁にて集まる文化祭を開きます。その日、韓国と日本の「100人の母たち」イベントを紹介して、写真展と写真撮影のイベントが行われます。
[PR]
by 100mothers | 2013-06-29 14:45 | 海外からのメッセージ
d0322097_845693.jpg


『ママは原発いりません愛知・岐阜』へ『100万人の母たち七夕プロジェクト~首相に願いを~』のメッセージが届けられています。

イタリア在住の日本人アーティストのTOMOKO NAGAOさんと、夫のChristian Gangitanoからのメッセージです!!

3.11の震災のとき、私はイタリアからニュースを見ていました。何日間か食欲もなく、YOUTUBEやWEBのニュースを見ていました。悲惨な映像とニュースで流れる絶望的な情報とショックと悲しみで、私は言葉を失いました。イタリア語も英語も日本語も、何もかも不必要であり、無力なものに思えました。しかし、そのとき、まだ慣れない言葉を話し始めた自分の息子を見て、私もこの想いを言葉にしたい、私の故郷をこの子に残したいと思いました。
そしてちょうど一週間のち、私の展覧会のオープニングがあり、その際、たくさんの震災に関する取材を受けました。そこでは、取材していただいたイタリア人方々から大きな声援をいただき、また、日本人の反応が世界中の人からの注目されていることに気づかされました。

... 福島被災の事実がすこしずつ明らかになって行くにつれて、ヨーロッパでは原発に対する拒否間が大きくなりました。ドイツでは、原発を国民投票で止めることを決めました。イタリアでも、将来的な原発の建設をやめることを国民投票で決めました。

イタリアの友人に”日本人は原発がこわくないの?”と聞かれます。普通の質問だと思います。がしかし、日本に帰るとその質問は タブーかのようです。たぶんそれは、自分たちの生活が不確かなものの上に存続されていること知っているからだと思います。今の日本経済は、原発なしではありえません。原発で誰かが死ぬこと、自分が汚染されることより、今の生活を変えることの方が怖いのだと思います。
日本は今戦後のような状態です。または、まだ終わらない戦争を終わらせようとしているような。第二次世界大戦中は、ヒロヒト天皇が神さまでした。私たちのおじいちゃん・おばあちゃんはそれを信じて生きてきて、”戦争はこわい”はタブーでした。長崎と広島の原爆で戦争が終わったとき、神を失い、そしてみんな言葉を失いました。そのあと、私たちの父親は、ヨーロッパで生まれアメリカで育った輸出された資本主義を神として育てました。それには、原発が必要でした。
多くのおじいちゃん・おばあちゃんは口を閉じてしまいましたが、私たちは、口を閉じるわけにはいきません。私たちは私たちの言葉を発しましょう。子供たちを背に。私は私の言葉を話します。詩を読むように。

長尾 智子 TOMOKO NAGAO

Christian Gangitano
Good morning Mr. Prime Minister of Japan. My desire is to return home to my wife as we are doing all summers, in Nagoya and i will be able to enjoy a fantastic Zaru SOBA cooked with the sun's energy. Would you please turn off the nuclear power plants, please, do as in Italy. in Italy we are doing many things like japan with its culture has inspired us. would you please be inspired from us, once. thank you very much. Chris Gangitano (italian papa, cultural worker and artistic director from Milan, Italy)

翻訳文・藤澤愛子訳
お早うございます、日本の総理大臣様。私の強い願いは、名古屋での夏の間の日課であったように、毎日妻のもとへ帰ることができ、そして、太陽エネルギーを使って作ったおいしいざるそばを食べることです。イタリアが実施したように、是非、原発を停止してください。 イタリアでは今、一度感銘を受けた日本のその素晴らしい文化を絡めて、日本国内と同様、様々な活動をしています。 今度は、私たちからのメッセージをくみとってください。 宜しくお願いします。クリスチャン・ガンジターノ(イタリアのパパ、文化創作・芸術ディレクター、イタリア、ミラノ)
[PR]
by 100mothers | 2013-06-27 08:00 | 海外からのメッセージ


アンニャ・ライト(Anja Light)
ナマケモノ倶楽部共同代表。シンガ-・ソングライター、環境活動家。 スウェーデンに生まれ、オーストラリアに育つ。10代より環境・反核活動家として、オーストラリア、マレーシア、日本などを中心に活躍。「ディープエコロジー」哲学にもとづく環境教育の実践でも知られる。1999年日本の仲間たちと環境=文化NGO「ナマケモノ倶楽部」を結成、以来その世話人をつとめる(09年まで)。
[PR]
by 100mothers | 2013-06-26 14:45 | 海外からのメッセージ
台湾から七夕プロジェクトに賛同メッセージが届きました!

アジアは、日本がどうリーダーシップを取っていくのかを、見ています。どうか私たちをがっかりさせないでください。
日本とアジアにおける全原発廃炉への準備をすすめてください。
また、現在、この恐ろしい技術のために雇われているすべての人の職業保障をすることを、原子力関連産業で働く人々に約束してください


Asia looks to Japan for leadership here. Please don't disappoint us. Please begin planning for the closure of all nuclear power plants in Japan and Asia. Begin by notifying the manufacturers of nuclear related materials that the government will ensure they will not lay any persons off who are currently employed for this technology from hell.

--
文魯彬 Robin J. Winkler
台灣蠻野心足生態協會
Wild at Heart Legal Defense Association , Taiwan
http://zh.wildatheart.org.tw/
台灣媽祖魚保育聯盟
Matsu's Fish Conservation Union, Taiwan
http://twsousa.blogspot.com/
[PR]
by 100mothers | 2013-06-26 00:55 | 海外からのメッセージ
ネパール・緑の党より賛同メッセージが届きました!
日本の緑の党を通じて、「100万人の母たち 七夕プロジェクト」が世界に発信されています。
緑の党の皆さん、ありがとうございます。

Ballav Timalsinaさん(ネパール緑の党)

グローバルグリーンズからの知らせで、福島第一原発の事故で16万人の人々が避難・移住を余儀なくされていることを知り、大きなショックを受けています。

日本のみなさんの悲しみはいかほどのものでしょう。総理大臣ならびに政府関係者は彼らの置かれている状況に寄り添い、被ばくの人体への影響を黙って許すわけにはいかないことを知るべきです。

亀山ののこさんの写真集、そして安倍首相への脱原発に関する短冊メッセージ呼びかけに敬意を表します。

母親の願いはシンプルです。放射能のない世界に子どもたちに生きてほしいという彼女たちの願いが、政府首脳に届くことを信じています



From: Ballav Timalsina
Sent: Tuesday, June 25, 2013 4:01 PM
Subject: 1 million mothers

I found the petition in APGN network and it was really shocking that more than 160,000 people were forced to evacuate after the Fukushima Daiichi accident. We understand the sadness of Japanese on this accident. The prime minister and the concerned authorities should know and feel how it is hard
to tolerate the radiation and its effects on human bodies.

We must appreciate Nonoko Kameyama on publishing photography book and writing a petition to PM Obe regarding nuclear power.

Mothers wish is simple, they want their children to live in the nuclear power free world and we believe that Japanese government is able to fulfill their wish.

(Please find the signed petition letter)
--

With Best Regards,
Ballav Timalsina
(Joint Secretary/International Communication Coordinator)
Nepali Greens Party
Secretariat
Green Institute
P.O.Box 7403
Kathmandu, Nepal
www.greencivilsociety.org
[PR]
by 100mothers | 2013-06-26 00:52 | 海外からのメッセージ