脱原発・脱被ばくの願いを7月7日七夕の日に首相(官邸)に届けよう!!


by 100mothers

Ballav Timalsinaさん(ネパール緑の党)

ネパール・緑の党より賛同メッセージが届きました!
日本の緑の党を通じて、「100万人の母たち 七夕プロジェクト」が世界に発信されています。
緑の党の皆さん、ありがとうございます。

Ballav Timalsinaさん(ネパール緑の党)

グローバルグリーンズからの知らせで、福島第一原発の事故で16万人の人々が避難・移住を余儀なくされていることを知り、大きなショックを受けています。

日本のみなさんの悲しみはいかほどのものでしょう。総理大臣ならびに政府関係者は彼らの置かれている状況に寄り添い、被ばくの人体への影響を黙って許すわけにはいかないことを知るべきです。

亀山ののこさんの写真集、そして安倍首相への脱原発に関する短冊メッセージ呼びかけに敬意を表します。

母親の願いはシンプルです。放射能のない世界に子どもたちに生きてほしいという彼女たちの願いが、政府首脳に届くことを信じています



From: Ballav Timalsina
Sent: Tuesday, June 25, 2013 4:01 PM
Subject: 1 million mothers

I found the petition in APGN network and it was really shocking that more than 160,000 people were forced to evacuate after the Fukushima Daiichi accident. We understand the sadness of Japanese on this accident. The prime minister and the concerned authorities should know and feel how it is hard
to tolerate the radiation and its effects on human bodies.

We must appreciate Nonoko Kameyama on publishing photography book and writing a petition to PM Obe regarding nuclear power.

Mothers wish is simple, they want their children to live in the nuclear power free world and we believe that Japanese government is able to fulfill their wish.

(Please find the signed petition letter)
--

With Best Regards,
Ballav Timalsina
(Joint Secretary/International Communication Coordinator)
Nepali Greens Party
Secretariat
Green Institute
P.O.Box 7403
Kathmandu, Nepal
www.greencivilsociety.org
[PR]
by 100mothers | 2013-06-26 00:52 | 海外からのメッセージ